オーダーメイド学習塾「はつが」は教育フリースタイルを掲げて、お子さまの成長をサポート致します。

■VISION■

思いやりのある格差の無い学習

■MISSION■

意味のある教育をともに作り上げること

【はつがが示す3つの誓い】
1)基本を大切にします。
2)それぞれの価値観を大切にします。
3)本当の自分を大切にします。

■メイン講師  千田靖呂(ちだやすとも)

【経歴】

大阪工業大学建築学科を卒業後、ゼネコン、設計事務所、建材メーカーと建築業界を渡り歩く。
在職中に以前からの夢であるラジオパーソナリティーになりたいため、アナウンス業務の勉強を開始。関西学生バスケットボールのネット配信を手伝うことになり、そこでスポーツメディアに興味を持つ。

2012年1月、京都のインターネットラジオ放送局でバスケットボールのラジオ番組をスタート。メディア業界未経験ながらバスケットボール取材を開始する。京都ハンナリーズや兵庫ストークス(現西宮ストークス)を中心に放送。当時では珍しく、バスケットボールのリング下で実況収録をするなど(現在は未実施)バスケットボールの臨場感を音で伝える放送とした。

2013年4月からは、当時在職していた企業の転勤で関東圏に移住し、ラジオ放送は継続。2015年7月よりスポーツジャーナリストとしてフリーランスに転身。ジュニアアスリートの取材を通して「心・技・体」の重要性を知り、市川うららFMの番組企画として、スポーツメンタルとスポーツ医学の取材を重ねる。

それ以降、選手の想いを引き出す取材に徹し、。Bリーグ選手名鑑、ジェッツぴあ、東京五輪関連の取材記事作成など、スポーツライターとして活動。

2021年には「JSA Sportsmanship Coach Academy スポーツマンシップコーチ」、「日本能力開発推進協会 スポーツメンタルトレーナー」の資格を取得。さらにコーチングとこれまでの取材経験を生かすために、2021年12月から教育業界へ転身。

以降、個別指導塾、家庭教師では多くの合格者を輩出し、立川市や綾瀬市、東京都江戸川区では学習支援(小学校と中学校)に携わる。
学校、塾、家庭教師と様々な立場から教育を傍観。その経験を生かしながら現在も子どもたちの教育に関わっている。

【千田靖呂からコメント】

はじめまして、千田靖呂(ちだやすとも)です。
会社員、スポーツジャーナリスト、個別学習塾講師、家庭教師、小学校学習支援、中学校放課後学習支援の経験にスポーツメンタルトレーナーの知識を融合させて、皆さまとともに成長できればと思います。

何より大事にしていきたいこと、それはお子さまの成長を応援すること。決して私、講師の目線だけで考えないことです。

そのためには、目標達成と振り返りを継続させながら、デジタル全盛期の中でアナログを大切にした指導をしていきます。

21世紀にはいり、私たちの周りでは様々なものが便利になってきました。しかし、それらはアナログという基本があって初めて成立します。お子さまがアナログから様々なことをイメージできるよう、お子さまの特性を加味しながら指導をしていきたいと考えています。

ゆっくりではありますが、基本を身に付けることが重要です。基本を第一に考えていきます。皆さまにお会いできることを楽しみにしております。